キエフバレエ

【PICKUPについて】

このコーナーはバレエナビが取材させて頂いたホットな話題を取り上げております。
バレエやダンスに関する人・商品・サービス・イベント・公演など取り上げさせて頂く話題は多岐にわたります。
ご期待ください!

PICK UP!

海外バレエレポート24(フランス)
フランスのコンクール事情

【コンクールへの出場、スカラシップを考える】

みなさんはなぜ子供達をコンクールに出場させるのでしょう?
我が家の場合、参考になるかわかりませんが、一例としてお話しさせてください。
コンクール出場に関して、まさか自分の子達がアメナジェに通いながらプロのバレエダンサーを目指すとは正直思っていなかったので、何の疑問も持たずに最近まで過ごしていました。先生がおっしゃる通りに我が家の長男と次女は、年間7、8のコンクールに出場していました。この数はパリのバレエ学校の中では多い方。しかし、去年の暮れ辺りから特に12歳の長男は進路を真剣に考えなければならない。と思うような出来事がありました。
YAGPに出場したときに、ヨーロッパ中のバレエダンサーを目指す上手な子供達を見てその真剣さに心打たれました。そして後日、サマーワークショップのスカラシップが長男に届いたのです。場所はニューヨークから100キロほど離れた学園都市。レッスン代はスカラシップ、それ以外の交通費と寮の費用はすべて自分持ち、約80万円ほどかかる計算。我が家にとって、これはなかなかきつい金額でした。

7歳になる年からはじめたバレエ。

8歳から出場しはじめたコンクール。1年目にフランス国内のサマーワークショップに招待されたのが最初でした。そこではじめて色々な先生からレッスンを受けるということを経験しました。

どのコンクールでも男の子は少なく、カテゴリーに多くて5人。そして、年齢が上がるにつれてその数が少なくなっていくのです。ある時気付いたのですが、フランスの上手な男の子はある年齢になるとオペラ座学校を受験しているのです。

9歳の時に招待されたリヨンのサマーワークショップ。

10歳の時に次女と二人揃って招待された南フランスカルパントラのワークショップ。

最終日に舞台で公開レッスンがとても楽しかったようです。

そして、今年の2月に招待された北の<Ballet de Nord>のワークショップ。

前回レポートしたコメルスのサマーワークショップ。

このように、パリから数時間で行ける距離のスカラシップしか経験していなかった我が家は、視野がとても狭かった。我が子達のスクールでは、コンクールに出場する子供はレッスン時間が他の生徒さんよりも数時間多い、これが上達の理由。コンクールそのものではなくそれに向けての練習が大事。モチベーションもコンクール出場という目標があるので下がることがない。など、考えが単純でした。

YAGPのスカラシップではじめてコンクールに出場する意味を考えるようになったのです。とても遅いですね。そこにいた子供達は<一流のバレエスクールに入学したい!>これを狙って出場していました。うちの子達は果たしてどうだったんだろう? 私たち親はどこまで手助けしてあげれるのだろう? 数週間長男とな話し合い、2018年のサマースクールのスカラシップは難しい、と納得し、考えを深めました。

12歳、バレエの総合教育がそろそろ必要なのではないか? という課題もその中で出てきました。YAGPやローザンヌ国際コンクールに挑戦し続けて、外国の学校へもし入学できたら? それを本当に望むのか? 経済的にどうなのか? などとグルグル毎日のようにまた話し合いました。そして、今年のお正月に長男はフランスの国立のバレエ学校の受験を決意。13歳以下のクラスの願書の締め切りに間に合ったのです。

書類審査通過。その間もコンクールに出続け、4月中旬、リヨンの国際コンクールではウイーンの国立バレエ学校から1年間のスカラシップを受賞。

フランスの国立バレエ学校の実技テストは5月。どちらかを選ぶ前に、まずはウィーン国立バレエ学校の入学に関して必要なこと、寮の詳細など調べることにしました。学校とやりとりをしているうちに言葉の壁にぶつかりました。12歳の長男はまだ義務教育の年齢。ウィーンでドイツ語で義務教育を受けなければならない、レベルはフランスのリセ2年生のドイツ語のレベルが必要で、7月にドイツ語の試験を受けに来てくださいとのこと。中学校でスペイン語を専攻していた長男がドイツ語のそのレベルまで2ヶ月間で追いつくことは無理。このことで、義務教育を受ける年齢の子供のバレエ総合教育はフランスの国立バレエ学校以外ない! と親子共々痛感したのです。

YAGPのサマーワークショップのスカラシップは滞在費交通費で80万円かかる。
この金額をポンと出せる親はそう多くないはず。
ウィーン国立バレエ学校の1年間のスカラシップはドイツ語で義務教育を受ける。
親がドイツ語圏の子供以外、中学2年生で高校2年生のレベルのドイツ語を習得している子供もそう多くないはず。
こう考えると、このスカラシップというシステムは12歳の我が長男には、我が家にはハードルが高すぎた。

5月中旬、フランスの国立バレエ学校の実技テスト。合格。
新学年9月からスタージュ生として寮生活を送っています。

色々な道があるけれど、選択は全て本人。
親は応援することしかできないと、感じた秋でした。

 

記事・写真:松永麻衣子

 

【 関連記事 】

海外のコンクールレポート(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE GRASSE
http://balletnavi.jp/article/pickup/20151216-3104/

海外のコンクールレポート2(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE LE CHAUSSON D’OR
http://balletnavi.jp/article/pickup/20160331-3181/

海外のコンクールレポート3(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE D’AIX-EN-PROVENCE http://balletnavi.jp/article/pickup/20160506-3257/

海外のコンクールレポート4(フランス)
CND (CONFEDERATION NATIONALE DE DANSE)
http://balletnavi.jp/article/pickup/20160613-3291/

海外のバレエレポート5(フランス)
Theilaïa(ワークショップ)
http://balletnavi.jp/article/pickup/20160830-3439/

海外のコンクールレポート6(フランス)
Grand Prix des Jeunes Espoirs
http://balletnavi.jp/article/pickup/20161031-3506/

海外のコンクールレポート7(フランス)
CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE GRASSE パート2
http://balletnavi.jp/article/pickup/20161124-3529/

海外のコンクールレポート8(フランス)
《CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE DEAUVILLE PRIX NIJINSKI》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20161226-3543/

海外のバレエレポート9(フランス)
フランス・パリのワークショップ
<TERPSICHORE PARIS>スタージュ
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170127-3559/

海外のバレエレポート10
コンクール(ベルギー)
《CONCOURS INTERNATIONAL CLASSIQUE,JAZZ&CONTEMPORAIN PRIX ARABESQUE》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170313-3637/

海外のバレエレポート11
コンクール(フランス)
《CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE ET Neo CLASSIQUE DE TOULOUSE》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170418-3665//

海外のバレエレポート12
プロを目指す子供たちのための公立学校(フランス)
《 ECOLE DES ENFANTS DE SPECTACLE 》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170615-3765/

海外のバレエレポート13
コンクール(フランス)
《 CONFEDERATION NATIONALE DE DANSE 「CND」地区予選 》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170615-3770/

海外のバレエレポート14
コンクール(フランス)
《 CONFEDERATION NATIONALE DE DANSE 全国大会》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170707-3784/

海外のバレエレポート15
バレエスクールの発表会(フランス)
《ECOLE DE DANSE TERPCICHOR PARIS》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170712-3818/

海外のバレエレポート16
ワークショップ(フランス)
《Temps De Fleche》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170829-3829/

海外のバレエレポート17
アメナジェに通う子供達のある1日(フランス)
http://balletnavi.jp/article/pickup/20170929-

海外のバレエレポート18
コンクール(フランス)
《CONCOURS INTERNATIONAL DE DANSE CLASSIQUE DE GRASSE パート3》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20171120-3909/

海外のバレエレポート19
《YAGP 2018-PARIS,FRANCE予選 パート1》
http://balletnavi.jp/article/pickup/20171211-3943/

海外バレエレポート20(フランス)
《YAGP 2018-PARIS,FRANCE予選 パート2》
https://balletnavi.jp/article/pickup/20180122-3964/

海外バレエレポート21(フランス)
《冬のワークショップ L’ECOLE DU BALLET DU NORD》
https://balletnavi.jp/article/pickup/20180507-4107/

海外バレエレポート22(フランス)
≪CONCOURS INTERNATIONAL ODYSSEE DE LA DANSE≫
https://balletnavi.jp/article/pickup/20180802-4269/

海外バレエレポート23(フランス)
≪age International de l’Ete de la Danse COMMERCY / ローレンヌ地方コメルシーの夏のワークショップ≫
https://balletnavi.jp/article/pickup/20180911-4290/