NBAバレエ団 久保紘一版『白鳥の湖』

【PICKUPについて】

このコーナーはバレエナビが取材させて頂いたホットな話題を取り上げております。
バレエやダンスに関する人・商品・サービス・イベント・公演など取り上げさせて頂く話題は多岐にわたります。
ご期待ください!

PICK UP!

パリからローザンヌ2019ファイナルを見に行く

バレエナビ編集部でパリ在住の吉田智大が「ローザンヌ国際バレエコンクール2019」ファイナル鑑賞の旅行記をお伝えします。


2月8日夕方、パリ市内のメトロからローザンヌに向けて出発。メトロの駅に貼っているポスターがオペラ座の4月公演のものになっていました。パリ市内にはバレエ・ダンス公演のポスターが数多く貼っています。

 

パリ市内から空港まではメトロとRERという電車を乗り継ぎ、約1時間。18時半にフランスのシャルルドゴール空港発でスイスのジュネーブ空港まで約1時間のフライトです。東京から大阪までの距離感でした。
ジュネーブ空港からローザンヌまでは電車で1本です。空港と駅は繋がっていて、ものの2分位で駅の券売機までたどり着けました。券売機でLausanneまでのチケットを購入。27スイスフランでした。

 

ジュネーブ駅発午後8時32分発。ローザンヌ駅まで乗り換えなく1時間弱です。

 

ローザンヌ駅到着!
駅を出てすぐにタクシー乗り場があり、そこから5分で本日のホテルへ。夜10時前にチェックイン完了。ローザンヌはスイスの中でもフランス語圏なので、街中フランス語があふれていて、パリにいる時と変わらない感じです。

 

ローザンヌの宿泊ホテルでローザンヌトランスポートカードを無料で頂けました。これは市内ホテル宿泊者に提供され、有効期限内なら(私のケースだと3日間)市内公共交通全て無料。美術館の入場料割引などにも使えるそうです。お得ですね!

 

 

2月9日ローザンヌ現地時間朝10時です。日本との時差が8時間なので、現在日本は午後6時ですね。ローザンヌはあいにく小雨がぱらついています。現在気温は6度。調べてみると東京は1度。スイスの方が暖かいですね(笑)。不思議な感じです。

お勧めレストランを2014年ローザンヌ1位で現在オペラ座の二山治雄さんに伺うと、「当時はホテルと劇場の往復だけで、食事もホテル内で済ませていたのでスミマセン(笑)が全く知りません!」との事。失礼しました!出場の方は大変です。

 

ローザンヌ2012年1位の菅井円加さんに先程当時の食事について伺いました。
「私も二山くんと同じで劇場とホテルの往復でした。昼は会場だったと覚えています。最後の夜はバレエの先生や友達とレストランで最高のチーズフォンデュを食べました!」

 

ファイナル前の昼食はローザンヌ大聖堂からすぐのレストランでチーズフォンデュ。 スイス産の赤ワインも頂きました。本当においしかったのでお勧めです。

 

 

ローザンヌ大聖堂から劇場まで徒歩20分。午後2時劇場到着!少し坂が多かったですがスイスらしく山が見えたり、家の作りもスイスらしく、歩きもお勧めです。劇場周りには飲食店も見当たらず、宿泊は中心地の方が便利そうですね。

 

 

現地14時半、日本時間22時半からファイナルが始まります!日本人4名がファイナルに残ってます。
予定より遅れ、ようやくクラスが終わりました。客席から見ても分かる位舞台の傾斜が有りそうです。確かに見やすいですね。

 

クラシックとコンテの連続審査が終わり、30分の休憩です。劇場内が暑く、多くの皆さんがロビーに出て来て飲み物を飲んでいます。

 

日本では基本的に1階に審査員席がある場合が多いと思いますが、今回のローザンヌ国際バレエコンクールの審査員席は2階最前列でした。

 

ファイナルの結果が出ました。
1位はアメリカのMackenzie Brownさん。
日本人では
佐々木須弥奈さん(大阪府出身スイス留学中)が第3位・ベストスイス賞。

脇塚優さん(大阪府出身ハンガリー留学中)が4位。
住山美桜さん(東京都出身スイス留学中)が8位。
皆さん入賞おめでとうございます!そしてお疲れ様でした!!

 

 


バレエナビTwitterではバレエに関する情報を随時お知らせしています。
https://twitter.com/balletnavi