SHIVER 2020

【PICKUPについて】

このコーナーはバレエナビが取材させて頂いたホットな話題を取り上げております。
バレエやダンスに関する人・商品・サービス・イベント・公演など取り上げさせて頂く話題は多岐にわたります。
ご期待ください!

PICK UP!

横浜から世界へ!「横浜ダンスコレクション2016」プレビュー【後編】
~コンペティションⅠ・Ⅱ、スペシャルプログラム 日本・フィンランド ダブル・ビル他

文:高橋森彦(舞踊評論家)

 

「横浜ダンスコレクション」の心臓部であるコンペティション
1996年に始まり「若手振付家の発掘と育成」「コンテンポラリーダンスの普及」に取り組む「横浜ダンスコレクション」の心臓部がコンペティションである。当初はフランスの「バニョレ国際振付コンクール」の日本プラットフォームとして行われ、伊藤キム、ユーリ・ン、白井剛が「バニョレ国際振付賞」を受賞。梅田宏明が「ランコントル・コレオグラフィック・アンテルナショナル・ドゥ・セーヌ・サン・ドニ」に出場した。
2000年からは「横浜ソロ×デュオ・コンペティション」が始まり2010年まで行われた。主な受賞者に岩淵多喜子、山田うん、伊藤千枝、矢内原美邦、黒田育世、伊藤郁女、チョン・ヨンドゥ、森下真樹、康本雅子、三浦宏之、東野祥子、KENTARO!!、宝栄美希、田畑真希、長内裕美、古家優里、きたまり他。彼らは「審査員賞」やフランスへ最大半年間の留学が可能な「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を得てキャリアを飛躍させた。

新たな展開をみせるコンペティション
2010年にリニューアルし、コンペティションⅠ(作品部門)、コンペティションⅡ(新人部門)が設けられた。コンペティションⅠでは捩子ぴじん、岩渕貞太・関かおり、中村蓉、奥野美和、キム・ボラ、三東瑠璃らが受賞者となり、コンペティションⅡでは初回(2010年)の最優秀新人賞受賞者の川村美紀子がブレイクし2015年にはコンペティションⅠも制した。
今年も2月上旬に行われる。「コンペティションⅠ」(2月5~6日、横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール)では「15カ国133組の応募の中から、時代を共有し身体と表現に新たな視線を向ける振付家振付家9組が本選に臨む」。「コンペティションⅡ」(2月4日~5日 横浜赤レンガ倉庫1号館2階スペース)では「25歳以下、これから本格的に振付家を目指す新人アーティスト43名から選ばれた12名が、チャレンジ精神ある作品を上演」する。

川村美紀子「インナーマミー」
横浜ダンスコレクションEX コンペティションⅠ受賞作
川村美紀子『インナーマミー』 (C)Yoichi Tsukada

スペシャルプログラム 日本・フィンランド ダブル・ビル
「横浜ダンスコレクション2016」の目玉の1つが「スペシャルプログラム 日本・フィンランド ダブル・ビル」(2月14日 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール)。日本とフィンランドを代表するストリートダンス出身の2組の振付家の作品を上演する。近年日本でも注目度を増しているストリートダンス発の新たな衝撃を体感できる好企画だ。
日本からはDAZZLE(長谷川達也、宮川一彦、金田健宏、荒井信治、飯塚浩一郎、南雲篤史、高田秀文)が新作『キメラ CHIMERA』をひっさげて登場。DAZZLEの舞台は、振付・演出を手がける長谷川の美意識が細部まで行き届いており、躍動感に満ちたダンスに加え演劇性豊かで視覚的にも美しい。
フィンランドからはブレイクダンス出身のイマ・イドゥオセーが来日し自作自演『ディス・イズ・ザ・タイトル This is the title』を披露する。2016年いっぱい世界ツアーが決定しているという話題作だ。

DAZZLE2015宣材
DAZZLE

1.[this is the title] Petra Hellberg
イマ・イドゥオセー『ディス・イズ・ザ・タイトル』

観覧無料のショーケース・パフォーマンス等も
他にも盛りだくさん。アジア・セレクション [シンガポール]『オーガナイズド・カオス Organized Chaos』(2月10~11日 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール、11日のみ2015年コンペティションII 最優秀新人振付家 中屋敷南 新作上演『ガール girl』を同時上演)、アジア・セレクション [韓国]日韓ダンス交流プロジェクトDance Connection『グロウリング Growling』(2月10~11日 象の鼻テラス)もあり、アジアの風を実感できる。
これまでの受賞者・ファイナリストによる「ショーケース・パフォーマンス」(1月30~31日、2月6~7日 横浜赤レンガ倉庫1号館2Fスペース、屋外広場等)は観覧無料。こちらのクオリティもハンパなく、楽しみにしているファンや関係者が少なくない。
また「国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2016」(2月6日~14日)と同時期開催のため、赤レンガ倉庫界隈はダンス・現代演劇はじめとしたパフォーミングアーツのメッカとなる。国内外の創り手・関係者・観客が集いフェスティバルならではの独特な高揚感が漂う。
開幕が迫る「横浜ダンスコレクション2016」は寒さも吹き飛ばすくらいに熱い!

Organised Chaos by T.H.E Dance Company (6). Photo by Joseph Nair
T.H.E Dance Company『オーガナイズド・カオス』

OSH_2454
タシロリエ/キム・ジウク『グロウリング』

 

【 前 編 記 事 】
「横浜ダンスコレクション2016」プレビュー【前編】
~オープニングプログラム『無・音・花 Silent Flower』&アジア・セレクション[日本] Works-M Vol.7『クオリアの庭 Garden of qualia』
http://balletnavi.jp/article/pickup/20160114-3123/

 

 

★ 横浜ダンスコレクション2016 
http://www.yokohama-dance-collection-r.jp/jp/index.html

【開催期間】2016年1月23日~2月14日

プログラムA オープニングプログラム「無・音・花」
1.23 SAT 18:00
1.24 SUN 14:00
1.24 SUN 18:00

プログラムB アジア・セレクション [日本]
Works-M Vol.7 クオリアの庭 Garden of qualia
1.30 SAT 18:00
1.31 SUN 15:00

プログラムC コンペティションⅡ 新人振付家部門
2.4 THU 19:30
2.5 FRI 19:30

プログラムD コンペティションⅠ
2.6 SAT 16:00
2.7 SUN 16:00

プログラムE アジア・セレクション [シンガポール]
オーガナイズド・カオス Organized Chaos
2.10 WED 19:00
2.11 THU(HOLIDAY) 16:00

プログラムF アジア・セレクション [韓国]
日韓ダンス交流プロジェクトDance Connection
グロウリング Growling
2.10 WED 20:30
2.11 THU(HOLIDAY) 19:00

プログラムG 日本・フィンランド ダブル・ビル
DAZZLE / イマ・イドゥオセー
2.14 SUN 14:00
2.14 SUN 18:00

無料プログラム ショーケース・パフォーマンス
1.30 SAT/ 1.31 SUN/ 2.6 SAT/ 2.7 SUN