松山バレエ団 新「白鳥の湖」全4幕

【PICKUPについて】

このコーナーはバレエナビが取材させて頂いたホットな話題を取り上げております。
バレエやダンスに関する人・商品・サービス・イベント・公演など取り上げさせて頂く話題は多岐にわたります。
ご期待ください!

PICK UP!

『シルヴィア』リハーサル取材

新国立劇場バレエ団2012/2013シーズン幕開けの作品は、芸術監督であるデヴィッド・ビントレー振付『シルヴィア』。

この作品は1993年に、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団で初演され、吉田都さんが主役を踊っています。その後2009年に佐久間奈緒さんとツァオ・チーのために再振付されました。音楽は、『コッペリア』の作曲でも知られているレオ・ドリーブです。物語は、お互いに惹かれあいながらも恋愛を信じられずにいる若い恋人たち(神話の世界では、シルヴィアとアミンタ)と、愛が冷めきっている伯爵夫妻が、愛の神エロスにより時を超えて古代ローマ神話の世界へと誘われ、そこでの冒険を通して再び愛を見つける…というもの。

本日は、3幕のリハーサルを拝見しました。見どころは、なんといってもシルヴィアとアミンタのグラン・パ・ド・ドゥです。二人の愛の喜びが、美しい旋律の曲と一緒になって流れるような動きで表されます。ポーズも美しく二人がお互いを引き立てています。

20121021_01

有名なピチカートの曲の女性ヴァリエーションは、振付が音楽にぴったりと合っていて心地良いです。切れの良さでシルヴィアが実に可憐です。男性ヴァリエーションは、ダイナミックで大きな優しさを感じます。そして最後までアクロバティックなリフトの連続で目が離せません。テクニックとスタミナがかなり要求されることでしょう。この日のペアは、小野絢子/福岡雄大でしたが、小野さんは笑顔を絶やさず、本当に妖精のように軽やか。福岡さんは落着きが感じられ素敵でした。さすが人気実力ともに高い評価を得ているお二人です。

後ろの方では、米沢唯/菅野英男のフレッシュペアが一緒に動いていましたが、こちらも期待されます。

あと一組は今回のゲストダンサー、英国バーミンガム・ロイヤルバレエ団の佐久間奈緒/ツァオ・チーです。このパ・ド・ドゥは、ビントレー氏がまさにこの二人のために再振付をしたものですから、どのペアも見逃せません。

3幕は、ほかにも見どころが満載でした。海賊と海賊の船長の片足の踊りは、とってもユニークでコミカル。スリリングでひやりとする場面もありました。狩りの女神ダイアナは、馬にまたがって登場。美術もゴージャスな雰囲気です。強くて凛々しい湯川麻美子さん。ダイアナに仕えるニンフたちも鑓や盾などを持ち勇ましく、パワフルな群舞は壮観です。ソリストの踊りも見ごたえがありました。振りの細かい部分や小道具など、バレエマスターのチェックがなされていました。

20121021_02

そしてエピローグ、魔法がとけ夢からさめたシーンも感動的でした。みんなが愛を確かめ合って、まさにハッピーエンド。心から幸せな気持ちにさせられました。これに、舞台装置・衣裳、照明、オーケストラが加わったなら、どれだけ素晴らしい舞台になるのでしょう!本公演がとても楽しみです。

20121021_03

記事作成:村上美樹(バレエナビ)
写真:岡本宮子
取材場所:新国立劇場バレエ団リハーサル室
取材日:2012年10月11日