シャープ、かつドラマティックな現代版「海賊」 / 	『くるみ割り人形』

東京高等バレエ学校 【東京都】

日本バレエ協会をはじめとする日本バレエ界の依頼により設立された全日制バレエ学校。
東海大学の協力を得て、日本で初めて通信制高校教育とバレエ専門教育を結び付け、3年間の高校生活をバレエに打ち込むことを可能にした。日本ロシア協会(会長鳩山邦夫)の後援を受け、ワガノワバレエアカデミーをはじめとするロシア各地の国立バレエ学校への留学生派遣を行っている。ワガノワバレエアカデミーより専任教員を常勤教員として招聘、日本で最も正確なロシアメソッドを学ぶことができる学校として高い評価を得ている。
その教育の質は、平成25年度文化庁主催全日本バレエコンクール本選に東京代表として5名の生徒が出場したことで立証された。平成25年、本学で学んだ石井久美子は日本人として初めてマリンスキーバレエ団に入団、卒業生はその他、ヨーロッパ各地の国立バレエ団に採用が続いている。
ワガノワメソッドに教育を統一、全教員がロシアでワガノワメソッドの教授法訓練を受け、多くは教師資格を取得している。全バレエクラスはピアノ伴奏で行われる。学内に整形外科診療室があり、常時、医療従事者が生徒の疲労、突発の痛みを治療している。生徒の健康を第一に海外の一流バレエ学校と互角のバレエ教育を比較舞踊学会の協力の下行う。大学教員が、バレエ動作学、解剖学、生理学、心理学の平常授業を通年行う。
スタジオの床は清水建設のトップ技術陣の叡智を結集し、日本初の全スプリング式床、成長期の高校生の毎日のレッスンでも、負担を緩和し、怪我を回避、365日のレッスンを可能にしている。
生徒定員は24名、1学年定員5~8名の少数先鋭教育を実施している。バレエ障害治療の日本第一人者里見悦郎を校長に迎え、20名の常勤教職員が毎日全国より集まる生徒を教育している。奨学制度があり、経済的に恵まれぬ生徒の勉強を助けている。
後援団体:日本ロシア協会、比較舞踊学会、日本バレエ・ダンス教師協会

学校ホームページURL http://www.tokyoballetschool.com/

学校所在地 〒183-0033 東京都府中市分梅町1-33-3

卒業生就職先(過去2年間)
ロシア国立マリンスキーバレエ団/ロシア国立ウファ歌劇場バレエ団/ロシア国立チバシビリ歌劇場バレエ団/グルジア国立バレエ団/カナダコスタルシティバレエ団/谷桃子バレエ団/Kバレエカンパニー     等
卒業生留学先(過去2年間)
ロシアワガノワバレエアカデミー/英国バーミンガムロイヤルバレエスクール/英国イングリッシュナショナルバレエスクール/英国セントラルバレエスクール/英国ランバートバレエスクール/英国チュリング芸術スクール/英国ノーザンバレエスクール/ドイツベルリンバレエスクール/オーストラリアナショナルシアターバレエスクール/ハンガリー国立バレエアカデミー/米国エイリースクール/カナダバレエビクトリアバレエスクール    等
卒業生大学進学先(過去2年間)
桐朋学園音楽大学/昭和音楽大学     等