牧阿佐美バレヱ団

Interview

Vol.1

福井 ゆい

Ballet Studio Lien(横浜市/都筑区)

横浜市都筑区北山田。市営地下鉄グリーンライン駅からすぐの「Ballet Studio Lien バレエスタジオ リアン」を訪ねました。主宰者の福井ゆいさんにこれまでの歩みや、印象深い出来事、生徒さんへの想いなどを伺いました。「バレエを好きになってもらいたい」。取材中に何度もでてきたこのフレーズにこめられた想いが印象的でした。 (取材:2010年7月)

「習いごと」から、ダンサーを志すまで

バレエをはじめるきっかけを教えて下さい。

バレエをはじめた頃の写真(3歳)

きっかけはバレエが好きだった母が、習い事として私にはじめさせてくれたことですね。3歳の頃だったので、あまり覚えていないんですが…。他にもいろいろと習いごとがあったなかで、バレエはそのひとつでした。ただ、辞めたいと思うことはなかったです。それは、華やかな発表会の舞台での高揚感のようなものが、楽しかったからでしょうね。それから、教室にきている上手なお姉さんに憧れて、踊っている曲ができるようになったらいいな、と発表会が楽しみでした。

何がバレエを本格的にはじめるきっかけになったのですか。

中学のときに、北海道で開催された夏の講習会に参加したことがきっかけです。他のお教室のことを知ったり、その教室の発表会を観に行ったりするようになり、視野が広がりました。それが転機になって、中学二年のときに、塚本洋子先生に習うようになりました。先生のスタジオは、ほぼ毎日レッスンがありました。レッスンが終わったあとも生徒さんが、自主的に居残り練習をすることが普通なんです。最初は、やっていけるだろうかと思いましたが、決意をして通うことにしたんです。夜遅くまで続く練習に、送り迎えの両親もよく協力してくれました。

海外への留学はいつ頃されたのですか?

ドイツ留学中の写真
最前列右はじがYuanyuan Tanさん
2列目左はじが福井ゆいさん

高校二年のときに単身で、ドイツのジョンクランコ・バレエスクールに2年間留学しました。バレエ漬けの毎日で、楽しかったです。そのあとは、オーディションを受けるために、ドイツを中心としてヨーロッパ各地を回りました。ヨーロッパでは、自分を積極的にアピールすることが大切なので、向こうではそうした術を身につけられたと思いますね。オーディション回りをしている頃、たまたま東京バレエ団の欧州公演があって、それをドイツで観に行ったのです。それがきっかけで、日本にもこんな素晴らしいバレエ団があるんだな、ここに入って踊りたいなと思うようになりました。それから帰国し、東京に出て、レッスンを受けながら東京バレエ団のオーディションを目指すことにしました。

東京バレエ団でのご経験を聞かせてください。

東京バレエ団では、入団後は毎日大勢の中で試されているような感じで、緊張の連続でした。そうした中で群舞として周りに認めていただいたりすると徐々に主だったパートを踊らせてもらえるようになりました。ソリストの役をもらったときは振りを覚えることで一生懸命だった入団当初を思い出したりして、「私がこの役を踊るんだ」と感無量でした。思い出に残っている役は、やはり「眠れる森の美女」のリラの精役ですね。

「バレエを好きになってもらいたい」

このバレエスタジオについてお聞かせください。

このBallet Studio Lienがある北山田というところは新しい街ですし、私たちも新しくスタートするのでいいな、と気に入り、2010年1月にオープンしました。天井がすごく高いので(注・4メートル)、リフトの練習もできますし、床は足に負担をかけないようこだわっています。
 東京バレエ団と同じ床にしてほしいと工事をしていただいた方には無理なお願いをしてしまいました。Lien(リアン)は、フランス語で「きづな」という意味なんですが、生徒さんとバレエとのひとつのきっかけになって欲しいな、と思うのと、短くて覚えやすいですよね(笑)。

先生の教師としてのコンセプトはお持ちですか?

生徒さんには、とにかくバレエを好きになってもらいたいです。人と比較して自分はヘタなんじゃないか、という理由で辞めてしまうケースがあったのですが、もったいないですよね。どんなことがあっても「バレエが好きだ」という気持さえあれば、いろいろ悩んだりしてもきっとバレエに思いとどまれると思うんです。子どもたちが自分からレッスンを増やしたり自発的に取り組んでくるようになってきたときが一番教師としてはやりがいがありますね。私も教えるなかでカラダの使い方とか、ダンサー時代とは違う発見が毎日のようにあります。スタジオは体験レッスンがあります。自分でじっくり考えていただいてから入会を決めていただきたいので、是非一度体験してみてください。

バレエ以外にお好きなことはありますか?

観劇はすべて好きですし、野球などのスポーツ観戦なども好きです。

最後に、好きなバレエ団を教えて下さい。

海外だとシュツットガルトバレエ団・ロイヤルバレエ団・パリオペラ座が好きです。
国内では、やっぱり東京バレエ団ですね。是非公演も観に行ってください。オススメです!

本日はどうもありがとうございました!

スタジオ内部の写真
ほんとうに天井が高いです♪

取材/文 松本宗雄

福井 ゆい

元チャイコフスキー記念東京バレエ団ソリスト3歳よりバレエを始める。
1993年、ドイツ州立ジョンクランコバレエスクールに入学し2年間学ぶ。
1997年、東京バレエ団入団。「白鳥の湖」三羽の白鳥、「眠れる森の美女」リラの精などソリストを務める。
2004年、同バレエ団を退団。現在は講師を務める。

Interview リスト